みんなの声

時代の先取り

Pocket

今日は、文術検で学んでいる予備校の国語講師の方から、嬉しい実践報告をいただいたので、ご紹介いたします。

「考える授業で、成績アップ!!」
「文術検の成果を、勉強・仕事に生かす!!」

私は、東京のある予備校で、国語を教えている講師です。仕事をしながら、予備試験・司法試験合格を目指しています。そのため、「頭をシャープにしよう」と、昨年から、「日本文章術検定講座」(文術検/スクール東京主催)を受講しています。
「文術検」のおかげで、勉強も進み、それ以上に仕事においても、結果が出始めています。
その「成果」を、今回は報告します。

大学受験のシーズン到来、今日も、早々と合格を決めた生徒たちの喜びの声が聞こえてきます。私の教えるクラスでは、合格率は例年の2倍近くに伸びています。
この3月に卒業するA君が、お祖父さんと一緒に挨拶に来てくれました。
「孫がお世話になりました。小さい時から、本を読むのが嫌いで、一向に勉強しない。遊びまわるわけではないが、何をやるにも気力がない。どうしたものかと、息子夫婦とも話しておりました」
「ところが、国語の授業を受けてから、考えることがどんなことかと、家族に話し始めるようになりました。『本を読むことはおもしろい』と言うようになりました。社会の出来事、自分の夢までも話すようになったのです。成績も当初は、偏差値50がやっとでした。このままではどこも受からないのではと、やきもきしていました」「でも、先生がその場で、添削してくださることで、ぐんぐんと力がつきました。あっという間に、志望校の偏差値を超えました。最後の記述模試では、90%弱の点数も取れ、周りだけでなく本人も驚きの成績でした。これも、“考える授業”のおかげです。孫が、『先生の授業を受けることが出来て、本当によかった』と、喜んでいました」
話の途中で、感極まれたのか、お祖父さんは、握手まで求めてきました。
クラスの合格率が高くなったことで、思わぬ波及効果も生まれています。それは、来年受験する1学年下の生徒たちの授業に臨む態度が、よくなったことです。先輩から聞いたのか、それとも、親から話を聞かされたのかは、分かりません。しかし、本来なら騒がしいはずの一番成績の悪いクラスでも、彼ら・彼女らは、初めての私の授業にも関わらず、今年は無駄口が一切ありません。真剣に授業を受けるようになっています。授業後、彼らは、ひっきりなしに質問に来るようになりました。思考力をつけることこそ、学力アップの秘訣、ということが、子供たち本人にも分かってきているようです。

1つ1つの言葉を踏まえて、しっかり読むことで、そのテーマ内容の論理の展開を理解することが出来るようになりました。この当たり前のことが、教わる者たちの持っている論理力を開花させていっているのです。
「文術検」の「成果」は、こんな形でも現れるのかと、教えている私自身が驚いています。
これまでの結果を、私は予備試験・司法試験で生かして、合格を勝ち取り、さらに実務においてもプロとして恥ずかしくない力をつけたいと、思います。

事務局 大澤

ピックアップ記事

  1. ことばの魔力 1.“美しい日本”のために、“正しい日本文”を学ぼう
  2. 日本文章術検定講座を受講して 司法試験受験生

関連記事

  1. みんなの声

    続・時代の先取り

     先日、文術検で学んでいる東京に住む予備校の国語講師の…

  2. みんなの声

    日本文章術検定講座を受講して 司法試験受験生

     「論文がうまく書けず悩んでいましたが、成川先生か…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 添削事例 31.司法試験に、再び挑戦する―その2―
  2. 添削事例 30.司法試験に、再び挑戦する―その1―
  3. 添削事例 29.本当に、正しいのか
  4. 添削事例 28.司法試験受験、それは、自分の中の「核」―その…
  5. 添削事例 27.司法試験受験、それは、自分の中の「核」―その…
  1. 【週1特別連載】成川豊彦えらやっちゃ人生

    成川豊彦えらやっちゃ人生 22.早稲田セミナー時代─知的財産との出会い
  2. 添削事例

    添削事例 27.司法試験受験、それは、自分の中の「核」―その1―
  3. 添削事例

    添削事例 3.玄米に切り替えた
  4. 添削事例

    添削事例 29.本当に、正しいのか
  5. 添削事例

    添削事例 26.不利でも損でも、正しいと思うことを貫きたい!―その2―
PAGE TOP