添削事例

平成30年・予備試験 「短答・出題予想答練 in 名古屋」 4月15日開催!

Pocket

今日は、予備試験の短答に“絶対合格”する話をしましょう。
まず、これまでの数字を見ることから始めたいです。

平成29年(2017年)の
①予備試験短答出題者 13,178人
②採点対象者 10,665人
③合格者数  2,299人
④合格率17%(=③÷①)
合格率21%(=③÷②)

・まず、短答合格者2,299人に入らないと
論文以降を受験できません。このために、
以前から受験界で言われていることがあります。

「短答に受からない人は、“受験生”と呼ばない」

少し、きつい表現ですが、もっともな話では
あります。

もし、短答不合格者になったら、自分に厳しい
評価をしてください。そして、すぐさま、合格
対策を実行してほしい。

(a)「自分は、コンマ以下の受験生だ。
今度は、石にかじりついても受かる」

(b)「そのために、“スク短”をきっちり押える。
暗記ではなく、理解して行く」

(c)「スクール東京の予備試験・短答アレンジ答練で
80%の得点をする」

(d)「過去問以外の勉強・答練を勧める周囲の
まやかしを、見抜く」

(注)以上の合格対策((b)(c)(d))は、短答受験生の
全員にあてはまることです。

・いずれにしても、最短の合格対策は、「過去問アレンジ答練を
ペース・メーカーにする」のが、よいでしょう。
過去の多くの合格者は、賢くアレンジ答練を活用しています。
自分のスケジュールを調整できるので、受験におけるエネルギーと
時間のムダが省けます。

(注)ここで「過去問は、もう出ない」という驚くべき
事実誤認をしている人がいることです。周囲で、それを
あおる人がいることが残念です。
しかし、過去問は、何回も何回も出題されています。
したがって平成30年(2018年)の予備試験・短答過去問は、
予備試験の7年分、司法試験の12年分+プレ・サンプル文の中から、
ほとんどが出題されるでしょう。
100%に限りなく近いといっていいのです。あなたと“賭け”をしても
いいぐらいです。
だから、「過去問は、もう出ない」人は、ピンボケの勉強をし、
苦杯をなめることになります。

・ここで中部地方の予備試験受験生には、朗報です。
次のライブ答練が、実現されました。

平成30年(2018年)予備試験
「短答」出題予想答練 in 名古屋
(ライブ通学)(ネット電話)
http://www.schooltokyo.jp/shihou/kouza/0368/

実施期間は平成30年(2018年)4月15日10:00~15:15。

コースは「ライブ通学(答練)のみ」と
「+ネット電話(解説ゼミ)」の2つがあります。

・もし、「『短答』出題予想答練in名古屋」を
まじめにこの1回だけでもフォローすれば、合格は
確定です。しかし、短答に失敗する人は、
そんな真面目な勉強をせず、
周囲にある予想問題とやらを、解きまくり
暗記しまくるのです。“アーア”です。

名古屋地方におられるあなたは、賢い
受験生になって、対策を実行してください。

・4月15日午前10時からスタートです。
ガンバッテください。当日は、私、成川豊彦も
名古屋であなたとお会いします。“力強い握手”
をプレゼントしますから、合格に弾みがつきます。

事務局 大澤

ピックアップ記事

  1. ことばの魔力 1.“美しい日本”のために、“正しい日本文”を学ぼう
  2. 日本文章術検定講座を受講して 司法試験受験生

関連記事

  1. 添削事例

    添削事例 12.昔の隣人

     文章のプロ 成川豊彦先生からのメッセージ…

  2. 添削事例

    平川先生の小論文講座③

     本日は、平川先生の小論文講座第3回目をお…

  3. 添削事例

    添削事例 6.あじさい寺

     文章のプロ 成川豊彦先生からのメッセージ…

  4. 添削事例

    添削事例 11.地方と東京

     文章のプロ 成川豊彦先生からのメッセージ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 添削事例 27.司法試験受験、それは、自分の中の「核」―その…
  2. 添削事例 26.不利でも損でも、正しいと思うことを貫きたい!…
  3. 添削事例 25.不利でも損でも、正しいと思うことを貫きたい!…
  4. 添削事例 24.自己価値を上げ、チャンスをつかむ!―その2―…
  5. 添削事例 23.自己価値を上げ、チャンスをつかむ!―その1―…
  1. 【週1特別連載】成川豊彦えらやっちゃ人生

    成川豊彦えらやっちゃ人生 10. 中学生時代―実利主義
  2. 添削事例

    添削事例 1.とんかつ
  3. ことばの魔力

    ことばの魔力 2.もしも、「吾輩は猫である」の題名が違っていたら
  4. 【週1特別連載】成川豊彦えらやっちゃ人生

    成川豊彦えらやっちゃ人生 6.阿波踊りを撮る超大物カメラマンに学ぶ
  5. 添削事例

    添削事例 8.文章を学んで
PAGE TOP