【週1特別連載】成川豊彦えらやっちゃ人生

成川豊彦えらやっちゃ人生 6.阿波踊りを撮る超大物カメラマンに学ぶ

Pocket

早稲田経営学院・“Wセミナー”の総帥として34年もの間君臨し、年商120億までにした男は、徳島のデケンボ(勉強ができない子ども)だった。人生の道を切り開くことができたのは、思わず笑ってしまうほどの、えげつない「プラス思考」と「行動力」によるものである。

6.阿波踊りを撮る超大物カメラマンに学ぶ
四国徳島といえば、阿波踊り。毎年お盆になると、「えらやっちゃ、えらやっちゃ、ヨイヨイヨイヨイ~、踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃそんそん」と大騒ぎだ。この踊りについての起源は諸説あるが、戦国時代末期の藩祖・蜂須賀家政が、徳島城の落成祝いに、城下の町民に「城の完成祝いだ、好きに踊れ!」と、無礼講を許したのが始まりというのが有力らしい。踊るグループの事を「連(れん)」というが、徳島県には、協会に属する有名連が多数あり、その他にも企業連、大学連、仲間内の連がある。また、小・中・高校の多くは、体育の授業や体育祭などで「阿波踊り」を演目としている。まさに、阿波踊りの陽気な感覚は、徳島県人のDNAとして、何百年もかけて受け継がれていると思われる。

豊彦の通う学校も、阿波踊りを採用していたので、よく運動場で練習をさせられた。集団行動がきらいな彼だったが、阿波踊りだけは、おはやし「よしこの」のリズムに乗せて、大喜びで踊ったものだ。豊彦が小学校の4年生頃だったろうか、三味線、太鼓、篠笛などのにぎやかな伴奏につられて、成川人形店の2階の窓から、踊り歩く阿波踊りの行列を見ていたら、「坊や、ちょっと場所を貸してね」と、1人の紳士が入ってきた。そして、立派なカメラを構えて、阿波踊りの様子を、様々な角度から、スピーディーに撮りだした。その様子から、子どもでも、プロのカメラマンであることは分かった。動きには一切の無駄がなく、その胸のすくような仕事ぶりに、「かっこいい大人だな」と少年はしばし見とれていた。その紳士は帰りしな、ニコッと笑って「ありがとうね」と言って頭をなででくれ、去っていった。その人は、誰あろう、戦後の日本を代表する写真家の一人とされる故・土門拳氏であった。

豊彦が、超一流の人物に遭遇したのは、この時が初めてで、田舎の少年にとっては、かなり刺激になったに違いない。動きに無駄がなく、人格もすぐれていることを、子どもなりに感じ取り、あんな大人になりたいなと思ったものだ。あれから、半世紀を優に過ぎた。豊彦は、土門氏のことは妙に心に残っており、写真展や資料館があったなら、いつか行きたいと思っている。

ピックアップ記事

  1. ことばの魔力 1.“美しい日本”のために、“正しい日本文”を学ぼう
  2. 日本文章術検定講座を受講して 司法試験受験生

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 添削事例 27.司法試験受験、それは、自分の中の「核」―その…
  2. 添削事例 26.不利でも損でも、正しいと思うことを貫きたい!…
  3. 添削事例 25.不利でも損でも、正しいと思うことを貫きたい!…
  4. 添削事例 24.自己価値を上げ、チャンスをつかむ!―その2―…
  5. 添削事例 23.自己価値を上げ、チャンスをつかむ!―その1―…
  1. 【週1特別連載】成川豊彦えらやっちゃ人生

    成川豊彦えらやっちゃ人生 9.中学生時代―詰込み式勉強を放棄
  2. 【週1特別連載】成川豊彦えらやっちゃ人生

    成川豊彦えらやっちゃ人生 21.早稲田セミナー時代─司法試験予備校のパイオニア
  3. 添削事例

    添削事例 25.不利でも損でも、正しいと思うことを貫きたい!―その1―
  4. 添削事例

    添削事例 27.司法試験受験、それは、自分の中の「核」―その1―
  5. 添削事例

    添削事例 19.広い海へ出たい ―資格を目指す社会人―
PAGE TOP