【週1特別連載】成川豊彦えらやっちゃ人生

成川豊彦えらやっちゃ人生 13.高校生時代―初めての挫折

Pocket


早稲田経営学院・“Wセミナー”の総帥として34年もの間君臨し、年商120億までにした男は、徳島のデケンボ(勉強ができない子ども)だった。人生の道を切り開くことができたのは、思わず笑ってしまうほどの、えげつない「プラス思考」と「行動力」によるものである。

13.高校生時代―初めての挫折
1958年(昭和33年)頃は、高度成長期の中でもとりわけ勢いがあり「岩戸景気」といわれた。各企業はこの頃から技術・管理・販売部門の拡大に乗りだし、大企業へと成長していく。また、この景気の波に乗って、起業して成功する者も続々と現れた。それらの繁栄の中心は、言うまでもなく東京だ。この限りない可能性を秘めた東京に、思いを馳せる若者は少なくなかった。

豊彦は、徳島では名門の進学校にもぐり込んだものの、55名いるクラスでの成績はいつも50~53番だった。地元の期待を一身に担う教師や成績優秀者から見れば、どうでもいいポジションだったが、なぜかブービーと最下位にだけは一度もなったことはない。中学時代は、ごまかしごまかしの日々を送っていたが、高校になると半ば公然とサボるようになった。小遣いがのある時の行き先は、もっぱら映画館であった。しかし。高校3年ともなると、進学校らしい周囲のざわつきもあって、さすがに自分の進路について考えるようになった。18歳の田舎少年なりに様々な可能性について検討したはずだが、どんなに考えても、具体的なビジョンと呼べるものは、何一つ出てこなかった。その代わりに、これだけはどうしても譲れないという思いがあった。「東京に行きたい!」彼にとっての大学進学は、郷里を出て上京するための方便に過ぎなかった。専門的に学びたいことがあったわけでなく、将来に向けて学歴武装をするつもりでもなかった。まさに、あいまいでいい加減な動機といえる。さて、大学への進学を決めたら、志望校選びとなるわけだが、いくらアホな高校3年生でも、当時、試験科目が8科目だった国公立系は、ハナから無理なことくらいわかる。準備がゼロに近いのだから、的を絞り込むことにした。その結果、「東京にある」「試験科目が3科目程度の私立系」「一流もしくは有名」という3つの条件にかなう数校を選んで、片っ端から受験することにした。しかし、現役受験は全敗。現実は甘くはなかった。

準備不足では、箸にも棒にもかからない。いくら数を打っても、それなりの実力がなければ、お話にならないのだ。実に当たり前のことだが、不覚にもこの時まで気が付かなかった。豊彦は、初めて挫折感を味わった。

ピックアップ記事

  1. 日本文章術検定講座を受講して 司法試験受験生
  2. ことばの魔力 1.“美しい日本”のために、“正しい日本文”を学ぼう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 成川豊彦えらやっちゃ人生 21.早稲田セミナー時代─司法試験…
  2. 成川豊彦えらやっちゃ人生 20.公認会計士受験時代─合格!
  3. 成川豊彦えらやっちゃ人生 19.公認会計士受験時代─挑戦!
  4. 成川豊彦えらやっちゃ人生 18.新聞記者時代─人生の分かれ道…
  5. 成川豊彦えらやっちゃ人生 17.新聞記者時代─文章術の誕生
  1. 【週1特別連載】成川豊彦えらやっちゃ人生

    成川豊彦えらやっちゃ人生 20.公認会計士受験時代─合格!
  2. 【週1特別連載】成川豊彦えらやっちゃ人生

    成川豊彦えらやっちゃ人生 3.戦争生き証人
  3. ことばの魔力

    ことばの魔力 2.もしも、「吾輩は猫である」の題名が違っていたら
  4. 【週1特別連載】成川豊彦えらやっちゃ人生

    成川豊彦えらやっちゃ人生 21.早稲田セミナー時代─司法試験予備校のパイオニア
  5. 【週1特別連載】成川豊彦えらやっちゃ人生

    成川豊彦えらやっちゃ人生 10. 中学生時代―実利主義
PAGE TOP