【週1特別連載】成川豊彦えらやっちゃ人生

成川豊彦えらやっちゃ人生 21.早稲田セミナー時代─司法試験予備校のパイオニア

Pocket


早稲田経営学院・“Wセミナー”の総帥として34年もの間君臨し、年商120億までにした男は、徳島のデケンボ(勉強ができない子ども)だった。人生の道を切り開くことができたのは、思わず笑ってしまうほどの、えげつない「プラス思考」と「行動力」によるものである。

21.早稲田セミナー時代─司法試験予備校のパイオニア
1974年(昭和49年)は、巨人軍の“ミスター”こと長嶋茂雄が、「巨人軍は永久に不滅です」と現役引退をした年である。また、豊彦が新聞記者時代に、取材した元首相の佐藤栄作氏が、ノーベル平和賞を受賞した。この年の11月26日、32才の彼は、早稲田経営学院(Wセミナーの前身)を立ち上げた。公認会計士試験に、最終合格をしてから、一ヶ月後のことだった。企業の出発点は、東京・高田馬場の点字図書館近くにある、ビルの10坪ほどの小さな一室だ。職業訓練校を出たばかりの20歳の女性を、タイピストとして雇い、たった二人だけのスタートを切った。

小さな事務所の看板には、サブ・タイトルで「司法試験と公認会計士試験の短期合格」と併記した。「司法試験」を掲げたきっかけは、4~5年の受験時代、利用させてもらっていた区立図書館で、司法試験の受験生たちの様子をいつも見ていたからである。彼らは、昼前に図書館に来てはいたが、なかなか勉強を始めない。ゆったりした動作で、新聞を読んだり、パンを食べたり…。1時間くらいしてから、やっと机の上の本を読む。それも、目で追うだけの勉強で、サブノートに書いたり、まとめたりしていない。いつも、左右をうろうろする。頻繁にトイレに行く。「これが、“苦節10年”といわれる、司法試験浪人の実態か」と驚く豊彦。しかし、その後が、普通人と違うところである。「これは、ビジネスになるな」と思いつく。司法試験を中心とした国家試験の予備校を創り、「受験生のムダを省いてあげて、かつ、社会に貢献できる」と確信した。受験生活のすべてについて、“合格”の二文字にフォーカスし、“考・言・動”のピントを合わせる。そして、スピードを出す。「試験委員の意図を察する」「ページをめくる」「文字を書く」「資料を整理する」「目的地まで、速く歩く」などにおいて、“ピントとスピード”に気をつけて行えば、受験生活は、5分の1に短縮できる。“苦節10年”が“面白く2年”に変わることができる。これを受験ノウハウとして確立し、早稲田経営学院“Wセミナー”を「短期合格」・司法試験No1校に仕上げた。

このように、豊彦の長年の研究の結果、「重要項目は熟慮し、単純作業は超スピード」という「短期合格」のノウハウが完成した。しかし、彼は、それだけに、とどまる男ではなかった。今も、進化中である。スクール東京の最高名誉顧問になってから、「合格短期」という新ノウハウを構築して行く。予備試験・新司法試験という少し穏やかになった制度の下、暗記で受かろうとするラッキー合格を思考する者が増えてきた。それに危機感を持っている豊彦。そこで、まず、法学を理解する、そしてムダを省いて速く受かる新ノウハウ「合格短期」をかかげて、今も若い人たちと、共に勉強している。

ピックアップ記事

  1. ことばの魔力 1.“美しい日本”のために、“正しい日本文”を学ぼう
  2. 日本文章術検定講座を受講して 司法試験受験生

関連記事

  1. 【週1特別連載】成川豊彦えらやっちゃ人生

    成川豊彦えらやっちゃ人生 7.デケンボの知恵

     早稲田経営学院・“Wセミナー”の総帥として34年もの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 添削事例 34.その日、彼岸花が僕に語ったこと―その2―
  2. 添削事例 33.その日、彼岸花が僕に語ったこと―その1―
  3. 添削事例 32.読者をときめかせる筆者の思い!!
  4. 添削事例 31.司法試験に、再び挑戦する―その2―
  5. 添削事例 30.司法試験に、再び挑戦する―その1―
  1. 添削事例

    添削事例 4.短答を毎日やる
  2. 添削事例

    添削事例 34.その日、彼岸花が僕に語ったこと―その2―
  3. 【週1特別連載】成川豊彦えらやっちゃ人生

    成川豊彦えらやっちゃ人生 13.高校生時代―初めての挫折
  4. 添削事例

    添削事例 11.地方と東京
  5. 添削事例

    添削事例 22.まだ、諦めてはいない
PAGE TOP