【週1特別連載】成川豊彦えらやっちゃ人生

成川豊彦えらやっちゃ人生 22.早稲田セミナー時代─知的財産との出会い

Pocket


早稲田経営学院・“Wセミナー”の総帥として34年もの間君臨し、年商120億までにした男は、徳島のデケンボ(勉強ができない子ども)だった。人生の道を切り開くことができたのは、思わず笑ってしまうほどの、えげつない「プラス思考」と「行動力」によるものである。

22.早稲田セミナー時代─知的財産との出会い
1974年(昭和49年)に、豊彦が、早稲田経営学院(Wセミナーの前身)を創業して、およそ10年後、国内では、「グリコ、森永事件」が、世間を騒がせた。また、日本は、世界一の長寿国となる。

彼は創業から1日15時間、働く。そんな毎日を365日。がむしゃらに続けていた。「これで、ようやく軌道に乗ったかな」と感慨に似た気持ちが胸をよぎったのは、41歳のときである。その頃、毎朝の通勤に使っていた西武新宿線の車内で、「生涯の師」と出会う。時折、見かける60歳すぎの男性が、いつも英文のコピー資料に目を通している。席に座っている時、吊り革や手すりにつかまっていても、淡々と熱心に読み込む姿からは、一種独特のオーラが発せられている。当時、彼も仕事に、必要な会計と経済学の勉強を、車内でしていた。負けん気の強い彼は、「負けないぞ!」と勝手なライバル心を燃やしながら、静かな「紳士」の存在感に圧倒された。ある日、街角で出版社主催の講演会のポスターに釘づけになる。電車で見かけるその人は、日本における憲法の第一人者であり、アメリカ合衆国憲法の研究者としても高名な、芦部信喜先生だったのだ。先生は、東京大学を退官されて、学習院大学で、名誉教授となり、講座を開設されていた。働き盛りのイケイケだった彼は、わが日常に舞い込んだ意外性に驚くと同時に、喜びに似た気持ちで非常に得心する。生涯の師は、彼に「人間、一生、勉強」ということを、さりげなく、身をもって、教えてくださった。車中における通勤の時の出会いから、5年後の春、学習院大学の正規の聴講生となり、1年間、週2回、火曜日と木曜日に各90分の授業を受けた。46歳、サクラの季節であった。朝から晩まで、Wセミナーで仕事をしていた彼は、目白のキャンパスに、通う時間を作るのに苦労した。そんな時、師は「成川学院長は、お仕事があるのだから、まっさらな気持ちで、受講していただいたら、それで結構です。ゆっくりとやってください」と、励ましの言葉をくださる。1年間に及ぶ勉強は、数年後、600ページに近い『成川式択一 六法 憲法編』となって実を結んだ。豊彦は、日頃のお礼に、先生を、三島由紀夫の小説『宴の後』で有名になった料亭へ招待させていただいた。この作品は、憲法13条後段の個人のプライバシーを侵害している根拠となったものだ。そのことについて、師は静かに、弟子に語り始め、大広間に飾られていた女将の仏壇を感慨深く眺めた。
同じ頃、豊彦は、高校の大先輩で、元最高裁判所判事の環昌一先生に、Wセミナーの顧問に就任していただいた。裁判官、検察官、弁護士、法務省の官僚を歴任。顧問をお願いした時、「年金をもらっていますので、顧問料はいらないです」といわれた。晩年になっても、研究熱心、専門の法律だけでなく、経済の分野でも精通されていた。気持ちが大きく、本物のインテリだった大先輩を、粋で、かっこいい人だと憧れた。

起業後、「生涯の師」と「高校の大先輩」と出会えたことは、豊彦にとって、大きな「知的財産」となっている。何歳になっても、貪欲に、新しいチャレンジをすることを教えていただいた。そのことを、現在、「個別指導」を中心とした‘‘スクール東京‘‘で、彼は、身をもって後進に指導している。

ピックアップ記事

  1. 日本文章術検定講座を受講して 司法試験受験生
  2. ことばの魔力 1.“美しい日本”のために、“正しい日本文”を学ぼう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 添削事例 45.世界と日本を見据えて、私はどう行動するか―そ…
  2. 添削事例 44.世界と日本を見据えて、私はどう行動するか―そ…
  3. 添削事例 43.世界と日本を見据えて、私はどう行動するか―そ…
  4. 【創立10周年記念】私の誕生日から、あなたに応援コール!!
  5. 添削事例 42.世界と日本を見据えて、私はどう行動するか―そ…
  1. 添削事例

    添削事例 44.世界と日本を見据えて、私はどう行動するか―その7―
  2. 添削事例

    添削事例 26.不利でも損でも、正しいと思うことを貫きたい!―その2―
  3. 添削事例

    添削事例 22.まだ、諦めてはいない
  4. 添削事例

    添削事例 27.司法試験受験、それは、自分の中の「核」―その1―
  5. 添削事例

    添削事例 21.与えられた仕事は当然やる・・・ではない!
PAGE TOP